HOME | オーダーメイド | ダイヤモンドの4C


 

ダイヤモンドの4Cについて


ダイヤモンドは4つの評価基準、いわゆる「4C」によって品質を判断することができます。
・カラット
・カラー
・クラリティ
・カット
それぞれの評価基準の頭文字をとって「4C」と称します 
 

Carat(重量) 「1Carat=0.2g」 重さが増すにつれて高価になる
Color(色) 色味をアルファベットのD~Zの23段階で評価 最高クラスはDカラー
 Clarity(透明度)  傷や内包物の有無を11段階で評価 最高クラスはFL(Flawless)
Cut(形) カットされた形の美しさを5段階で評価 最高クラスはExcellent

  


 

ダイヤモンドのカラットについて

 
ダイヤモンドのカラット(ct)は、大きさの単位ではなく「重さ」です。
同じ重さのダイヤモンドでもカットされた厚みや幅などの程度によって、目に見える大きさに違いが出てきます。
「カラット=重さ≠大きさ」 ダイヤモンドの直径はあくまでも目安となります。
 

直径 約7.4mm 約6.8mm 約6.4mm 約6.1mm 約5.9mm 約5.7mm
カラット 1.50ct 1.20ct 1.00c 0.90ct 0.80ct 0.70ct
重さ 0.30g 0.24g 0.20g 0.18g 0.16g 0.14g

 
 
直径 約5.4mm 約5.2m 約4.8mm 約4.3mm 約3.8mm 約3.0mm
カラット 0.60ct 0.50ct 0.40ct 0.30ct 0.20ct 0.10ct
重さ 0.12g 0.10g 0.08g 0.06g 0.04g 0.02g
 
 
婚約指輪のダイヤモンドは0.2カラット以上0.4カラット未満のものが最も選ばれているダイヤモンドです。
 


 

ダイヤモンドのカラーについて

 
ダイヤモンドのカラーグレードは、アルファベットの「D」から「Z」まで23段階に分類されます。 
無色の「D」から順にグレードが「Z」に近づくにつれて黄色味の濃度が増していきます。 
炭素の結晶である無色のダイヤモンドが色付く要因は、窒素など微量の不純物の含有量が関係しています。 
また同じ無色でも「D・E・F」と3段階に分かれていますが、その差はごく僅かなものなので並べて見比べてみても見分けることは極めて困難です。 
カラーグレードは鑑定機関で一定の条件下のもと、専門家がマスターストーン(基準石)と比較して色味の判別を行っています。
 

Color
D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
無色 ほぼ無色 僅かな黄色味 非常に薄い黄色 薄い黄色

 
 
NIZIでは、婚約指輪のダイヤモンドは「無色」の「D」を取り扱っております。
ご予算に応じて、「Dカラー」以外のダイヤモンドをご用意することも可能です。
 


 

ダイヤモンドのクラリティについて

 
ダイヤモンドのクラリティ(透明度)は、インクルージョンと呼ばれるダイヤモンド内部に取り込まれた気泡や結晶、またブレミッシュと呼ばれる外部の傷などから判別し11段階のグレードに分類されます。
内部、外部ともに全く損傷のないFL(フローレス)が最も透明度は高いとされています。
しかし、VS(ベリースライトリー)以上のグレードであれば透明度も高く、包有物や傷を肉眼で確認することは極めて困難といえます。
 

Clarity
透明度
Flawless Internally
Flawless
Very Very
Slightly
FL IF VVS1 VVS2
石の内外部
無欠損
内部無欠損 10倍拡大で
発見困難な包有物

Clarity
透明度
Very Slightly Slightly Included Included
 VS1 VS2 SI1 SI2 I1 I2
10倍拡大で発見が
やや困難な包有物
10倍拡大で発見が容易
肉眼では困難
肉眼で肉眼で容易に
発見できる包有物

 
 
NIZIでは、婚約指輪のダイヤモンドは主に「VVS1」を取り扱っております。
ご予算に応じて、ご希望の「FL」「IF」または「VS」以下のダイヤモンドをご用意することも可能です。
 


 

ダイヤモンドのカットについて

 
ダイヤモンドのカットは、5段階のグレードに分類されます。
4Cの中でも唯一、人の手が加わる評価基準であり、カットの良し悪しがダイヤモンドの輝きに最も影響を与えると言われています。
 

Cut
Excellent Very Good Good Fair Poor
 

BRILLIANCE
ブリリアンス
「輝き」
理想的なカットのダイヤモンドはクラウン側の面から中に取り込んだ光をパビリオン側の面で全反射させ、強い輝きの白色光を再びクラウンから外へ放出します。
DISPERSION
ディスパージョン
「分散」
白色光は、さまざまな色が均等に混ざった光でできています。
この光がダイヤモンドの内部で屈折し、それぞれの色に分散することで虹色の輝きを見ることができます。
SCINTILLATION
シンチレーション
「閃光」
ダイヤモンドの表面で光が反射し、面がキラキラして見える光のフラッシュ効果(スパークル)。

 
 
NIZIでは、婚約指輪のダイヤモンドは「Excellent」を取り扱っております。
ご予算に応じて、「Excellent」以外のダイヤモンドをご用意することも可能です。
  


 

トリプルエクセレントとH&C(ハートアンドキューピッド)

 
ダイヤモンドの鑑定書「グレーディングレポート」には、4Cの評価とは別に「対称性」と「研磨状態」の評価項目などもあります。
 

Symmetry
対称性
Excellent Very Good Good Fair Poor
Polish
研磨状態
Excellent Very Good Good Fair Poor

3Excellent
トリプルエクセレント
・「プロポーション」 カットの総合評価
・「シンメトリー」 面の位置やバランスの対称性
・「ポリッシュ」 表面の研磨仕上げの状態

3項目すべてにおいて「Excellent」の評価を得たダイヤモンドが、3EX(トリプルエクセレント)とされています。
H&C
ハート&キューピッド
専用のスコープで確認したときに、一定の範囲内の「プロポーション」と、一定の水準以上の「シンメトリー」を満たしたダイヤモンドだけに、ハートとアローのパターンを確認することができます。

・パビリオン側に8つのハート
・クラウン側に8つのアロー(矢)

H&Cはカットが「Excellent」評価以外のダイヤモンドでも、確認できるものもあります。
逆に、カットが「Excellent」の評価を得ていても、H&Cが確認できないものもあります。

 
 
NIZIでは、婚約指輪のダイヤモンドは「3EX H&C」を取り扱っております。
ご予算に応じて、「3EX H&C」以外のダイヤモンドをご用意することも可能ですので、お気軽にご相談ください。
 


NIZIの結婚指輪一覧NIZIの結婚指輪一覧
NIZIの婚約指輪一覧NIZIの婚約指輪一覧
オーダーメイドについてオーダーメイドについて
店舗案内について店舗案内について
予約について予約について
よくあるご質問よくあるご質問
NIZIについてNIZIについて
ブログについてブログについて