5月の誕生石【エメラルド】が持つ意味

5月の誕生石【エメラルド】が持つ意味

■宝石言葉

幸運・幸福・夫婦愛・清廉・健康・調和・慈愛・治癒

和名:翠玉(すいぎょく)・緑玉(りょくぎょく)

サンスクリット語で「緑色の貴石」を意味する「スマラカタ」

ギリシャ語では「スマラグドス」(smaragdos)から変化し、「エメラルド」(emerald)になったそうです。

■エメラルドのメッセージ

「無条件の愛を捧げる」

「夫婦の絆」

エメラルドを贈る事は、愛と献身を意味しています。

そのため、古くから幸せな結婚の象徴とされてきました。

■結婚55周年記念日(エメラルド婚式)

貞操と純粋な愛を守ってきた2人。「深く静かで尊い夫婦の生活」と「末永い幸せ」を願って贈られています。

絶世の美女クレオパトラが愛した宝石としても有名です。

クレオパトラ専用のエメラルド鉱山を持つほどお気に入りの宝石でした。

アクセサリーはもちろん、化粧品のアイシャドーとしてもエメラルドを使用していたそうです。

エメラルドは「瞳を美しくする石」と言われ、疲れ目や視力回復を助ける効果があると信じられていました。

人々を助ける「治癒の石」「永遠の再生の石」として大切にされてきたそうです。

エメラルドは特有の内包物や細かいキズがみられる宝石ですが、それこそが天然石の証と言われています。

平和と調和を愛する、春の宝石エメラルド。

若葉のようにフレッシュで、軽やかな感覚をいつまでも持っていたい。そんな2人にとても似合う宝石です。

オーダーメイドで作る結婚指輪や婚約指輪、普段使いのジュエリーにも、エメラルドをお入れする事ができます。

お気軽にお尋ね下さい。

最新記事一覧